学びと自己否定

FP藤井です。

来週7/8水曜日から

【第2期オンラインFP起業実践講座ビギナーコース】

スタートします。

その講座を決めた人から先日連絡がありました。

「家族や仕事の事情で3期にさせて欲しい」

いろんな事情を言われてましたが、
表面的には納得出来ること
ばかりでしたので、別に
引き留めもしなかったし、
ある程度は仕方ないことだと思いました。

しかし、僕にはどうしても
気になることがあるんですよ!

「3期をやるなんて今まで一言も言った事がない」

ということです。

「へ〜次があると思っているんだ〜」

ってなったワケです。


そこで人が持つビジネスマインドを
感じることがあります。

(Mさん!決してディスってるワケでもないからね)

今回のビギナーコースの
メインコンテンツとして、

・初めてのオンラインマーケティング実践
・初めてのオンラインセミナー実践


僕がこの3年間毎週のようにやってきた
この2つについて学んで頂くワケですが、
集客も実践も講義も全てやって頂きますので、

 

なんでもかんでもオンライン化

という風潮が世間には流れています。


オンライン化も営業戦略ですし、
オフラインと掛け合わせることで
FP業としてはかなり強力な威力を発揮します。
(オンライン完結がいいという人は向かない)

僕のオンラインFPとは、

【オンライン(も)活用してお客様に貢献する】

という信条を持っています。

結局のところオン・オフライン共に
人が判断して頂くものですし、

【最終的には人間力がモノを言う】

ココにつきます。

ココはこれから受講する
2期生に向けての激励ではありますが、
生半可の気持ちではすぐに離脱してしまうと思います

 

リアルビジネスと同様に甘い世界ではない

 

もっと言うと、
現実的な営業数字の追うことや
現実での仕事や家族の諸作業に追われて

新しいオンラインの世界に
なかなかついていけない。。。
なんてことも実際はあると思います。

そこで思って欲しいので、

「FP業務のオンライン化はいつ学ぶのが最適か?」

 

という質問です。

 

新しいことを学ぶのは、
いつだって大きなパワーが必要ですし、
その責任感と向き合う自分そのものに
疲れ果ててしまうことも時には
あるかもしれません。

それでもこれ(新しいこと)を身に付けることで、

「未来にはどんな素敵なことが待っていそうか?」

ココをどれだけ強く意識して、
具体的に想像できるか?
まさに運命の別れ道でしょう。


実際に僕も今月から
新しい集客方法について
コストも時間も膨大にかけて
本気で学んでいくつもりです。

僕だって新しいことをスタートする時に
出来るかどうか?物凄く不安だし、
今回は100万円以上掛けるの予定なので
本当にプレッシャーです。

 

しかし僕のマインドセットして

・何か学ぶ時は集中して学ぶ!
・短い期間で集中して3ヶ月で結果を出す!

今まで培った己の価値観を捨てて、
素直に集中して学びに臨めるか?

THE・自己否定との戦いです。

ココの自己否定という感覚が分かる人だけ
オファーしたいことがあります。

この価値観を理解してくれる人だけ
キャンセルが1名出たのもあるので、

 

【オンラインFP実践講座ビギナーコース2期】
1名だけ追加募集したいと思います。

 

Mさんには悪いけど、3期をやるかどうか?

0期・1期・2期の人たち
受講してくれたワケだけど、

・受講生にどれだけ貢献出来たか?
・受講生がどれだけ結果が出せたか?

その結果次第で検討しようと
思いますので、3期は決定していません。

興味ある人はある意味、
ラストチャンスです。

 

2期は8日水曜日開講という
時間の兼ね合いもあるので、
自己否定が出来る興味がある人は
藤井と個別ZOOM面談をしましょう。

 

ビギナーコースに興味がある人だけ
ココをクリックして個別面談お申込み下さい。
https://forms.gle/tKLmg4NkwsWkHFETA

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

AIFP株式会社 代表取締役
藤井 智(ふじいさとし)
1万円のコストカットより
1万円の収入アップ売上アップ
を提案するファイナンシャルプランナー

〒7330834 
広島県広島市西区草津新町2-22-27
第1イシダビル4F
●Facebook
https://www.facebook.com/FPfujii/

●YouTube
http://mail.omc9.com/l/01nIye/gPFNrakE/

●藤井公式LINE
http://line.me/ti/p/%40neofpfujii

<メルマガ解除はこちら>
%%Delpage%%

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

令和のFPは幕府側か?開国側か?


FP藤井です。

昨日20時からリリースされた
コチラご確認頂いてますか?

【オンラインFP実践講座ビギナーコース】
はじめてのランディングページ
&オンラインセミナー実践講座
https://peraichi.com/landing_pages/view/4ttw6

 

なかなか幸先の良い感じで
スタートしておりますよ!
↓  ↓  ↓  ↓

 

・第1期生6月17日(水)開講 9名
・第2期生7月8日(水)開講 2名

といった感じでなかなかの
スタート具合です!

6月14日(日)23:59まで
一般リリースに向けて先行特別価格に
なっていますので、

ご検討される方はぜひ週末中にどうぞ!

ちなみに1講座の定員は10名程度
を予定しています。

特に来週から1期生の実践講座が開講しますし、
おそらく本日で10名は埋まると思いますので
1期募集が埋まってしまったらごめんなさいね。

それでは今日の本題いきましょう!

 

タイトルにもあるように

令和のFPは幕府側か?開国側か?

何言ってんだ!って話ですが、

僕の公式LINEに割と人生の大先輩と
される保険募集人の方よりこんな質問が来ます。

「パソコンが苦手な人でもオンラインFPできますか?」

その気持ちは分からなくもないですし、
現実問題としてパソコンやインターネットの
操作は敷居を高く感じさせてしまう
「何か」があるのも事実です。
(僕も最初はそうでした)

しかし、その質問は
ナンセンスだと思います。

そもそもオンラインなワケだし
ある程度のITリテラシーは必要です。
(ココに来れてる人なら大丈夫!)

僕はそんな時、
こう答えるようにしています。

================
保険申し込みがペーパーレス申込み
のみになったら、仕事辞めるんですか?
================

代理店の世界でもよくある怖い話。

【体制整備という至上命題の中】

保険経営を何十年もやってきた
おじいちゃん保険代理店さんが、
紙での申し込みできなくなったという理由から、

保険会社から事実上、引退に追い込まれ
代理店吸収合併されるという事例が
日本中各所でうごめいているらしいですよ。

ココから数年かけて
最終的には1つの都道府県では
代理店は数社のみ。

大都市でもかなりの数の代理店が
統廃合される青写真があるようです。

そんな業界命題を金融チョー様から
各社もらっているそうです。

おそらくIFAの文化も保険代理店ほど
多くないにしろ、遅かれ早かれ
そうなることが予測されます。

そこで必ず問われるのが・・・

ペーパレス・キャッシュレスに伴うIT化

今も既にかなり推奨されてますが
コロナショックでさらに加速する事で

ITリテラシーの高基準値化

生き残りを掛けてそこが問われます。

自分の苦手意識や分からない世界
という理由だけでは、
許されない世界が真近に来ています。
(マジか!?・・・とは言わせない)

あなた自身がやる気があっても
ITリテラシーを高くない事には
お客様からの契約のお預かりも出来ません。

それで保険募集人を辞めざるえない・・・
そんな安い覚悟だったら今すぐ辞めちまえ!
とまでは言えませんけど。。。

パソコンが苦手でもやるしかないんです!
変化に対応するしかないんですよ!
もう、待ったなしですよ!

FPのオンライン化とは?
まさに今、生死を二分するほどの
転換期を迎えているワケです。

藤井はセミナーでも言ってますが、

コロナショック

 

コレは対面ビジネスする人にとっては

大転換期

 

であり、歴史的にみてもどのくらい
インパクトがあったぐらいの
出来事と比較しているかと言うと、

幕末→明治

第二次世界大戦
→日本復興・GHQ設置

 

あれぐらい時代が変わったように、

今まさに大転換期を迎えようと
しているのではないか?

僕個人的にはそう思っています。

Beforeコロナに常識とされてきた
価値観に囚われすぎていると、
(常識の結晶とされるコンプライアンスも含めて)

もしかしたら今当たり前と
されているコンプラや常識自体が

・幕府側
・大本営側

 

そっち側の理論かもしれません。

 

過去の常識や理論のみで立ち回って
しまう事にもリスクがあるかもしれない!

そんなピュアな猜疑心を持つことが
人生のリスク管理になるはずです。

コンプラは大事だし、
コンプラを知っておく事も凄く大事!

しかし、

大転換期には必ず常識が覆る

 

それは歴史が証明しています。
いつの時代の勝者の定義は、

元から強かったモノではなく、
変化に適応出来たモノ

とされているのも頷けますね。

 

なんだか今日はかなり話が
飛躍してしまいましたが、

PCやインターネットが苦手

非情ですがそんな理由だけでは
本当に済まされない時代になります。

特に一般的にITニガテとされている
50代60代の人にも飛躍出来るように
僕も何かチカラになりたいと思っていますし、

実践講座はそんな人たちのチカラになる

ココではそんな環境を用意しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/4ttw6

 

それでは今日は最後にお一人紹介して
終わりにしたいと思います。

元オンライン否定派であり、
元金融マンとしても営業にセミナーに
バリバリだったアラ5の牧野FPさんです。

牧野さんはオンラインFP
実践講座の0期生の方であり、
まさに今現在進行形で、

「オンライン変革」を積極的に
遂げようとされているFPさんです。

 

牧野さんの言動や言葉を感じて感じるものが
もしかしたらITの苦手意識を持っている人の
参考になるかもしれません。

良かったらご覧になってみて下さいね!

 

そして感想や質問待ってます!

 

またこの講座で1回僕と相談した上で
実践講座を検討したいという人は
LINEまでご連絡下さいね!
↓  ↓  ↓
https://lin.ee/kpfUjEM

 

 

FPコンサル型フィーで失敗しない方法

金融機関の手数料に
依存したくないFP藤井です。

今日のテーマはズバリです。

「コンサル型のフィーで失敗しない方法」 

についてです。

 

この3月4月5月で総勢118名
(だったかな?)
のFPさんと話していて、

 

一定の割合で、
金融機関の手数料に依存しない
コンサルフィーでFP業をやりたい!
そう言われることがありました。 続きを読む FPコンサル型フィーで失敗しない方法

ポケモンから学ぶ進化理論

小学校の時に初代ポケモンに
ハマったFP藤井です。

前半は完全にポケモン話をしていますが
最終的には「人の成長と進化の話」を
していますので、

ポケモンが好きじゃなくても
流し読みしてもらえたら嬉しいです!

さてさて・・・
昨日、娘とアメリカで初実写化された
ポケモンシリーズのPIKACHUを見ていました。

先日地上波初登場した奴を録画していたので
3歳の娘が一緒にみたいというので、

全く期待せずに舐め切って
見ていたワケですが、
いやはや、予想を超える感じで
なかなか面白かったです!

親子で見れるナイスな映画でした。

 

振り返ればおそらく、
僕が小学校高学年の時に
【ゲームボーイ】でハマって
やっていた記憶があるので
親子2代で楽しめるコンテンツですね。

なんか将来ディズニーのように
テーマパークとか出来そうだな。

そもそもポケモンがここまで人気なのも
自分で集めたモンスターと一緒に
より強いポケモンと戦って
戦いを重ねて、

そのモンスターが成長をしていく点が
面白い要素が大きいです。

ドラクエモンスターズも
スライムが仲間になり強くなっていくみたいな。。。

 

最初は可愛かった小さいポケモンが
強くなり成長していく過程に
(↓こんな感じでモンスターが進化する↓)
https://zukan.pokemon.co.jp/

 

主人公のペットを愛するココロ
想像豊な生き物と旅する冒険ゴコロ

この両方をくすぐられたものでした。

ちなみに僕は、

ゼニガメが好き

 

・ゼニガメ→カメール→カメックス

ここまで進化した時に小学生ながら
興奮を覚えたものでした。

あの有名なピカチュウも
こんな感じで進化していきます。

 

・ピチュー→ピカチュウ→ライチュウ

 

さてさて・・・

今日はポケモン談義をしたい
ワケではなくて、

映画を見ながらその
エボリューションのあり方について
思うことがあったので、
今コレを書いているワケです。

前述したように映画の中でも

「コイキング」という
鯉をモチーフにした雑魚ポケモンが

「ギャラドス」という
龍みたいな強いポケモンになる
という描写があります。

イメージこんな感じ

ピンチに追い込まれた主人公を
助けようとピカチュウがコインキングに

ピカチュウ必殺の
10万ボルトを流した事を
キッカケにコイキングが、
「進化してより強くなる」
そんな描写がありました。

【滝を登る鯉が龍になる】

という神話をモチーフにした
なんともお洒落な感じなんですが、
映画を見ながらフト

進化するキッカケってなんだろう?

って思ったんですよね。

僕自身も

ウダツの上がらぬ生保営業マン

 

からどうやったら
マーケット開拓ができるだろう?
何か良い手はないかな?

その頃は人と出会うキッカケは
正直なんでもいい!

そう思っていたので、色々やりましたよ。

・出会い de Night
(男女の出会いを企画)

・体育会系読書会
(意識高い系を集める企画)

・朝活勉強会
(意識高い系を集める企画)

・ごめんください。ご縁下さい!
(というダジャレでやった異業種交流会企画)

そんな試行錯誤して辿り着いたのが

インターネットを使って
人と出会う方法はないか?
(そして保険が売れないかな?)

そう考えてました。

今でも当時でも誰もが
考えつきそうな事だったんですよ。

「オンラインFP」

として活動を本格化したのが、
ちょうど3年前です。

インターネットマーケティングを
しながらマーケット開拓をしていく方法でした。

その過程で、
「この市場で保険だけ売るのはもったいない」
と気付いて取り入れたのが、

【金融機関手数料に頼らないフィーの取り方】

であり、

無形資産である知識や経験を武器にして

【コンサルティング報酬を中心に据える収入】

コンテンツビジネスでした。

そこに合わせて

【資産運用などの手数料も含まれていきます】

語弊のないように言うと、

「保険も当然売れていきます!」

人との出会いは正直なんでもよくて、
インターネット上にいる全国の人と
新関係を築く上で、

入り口の段階では、

保険でもコンサルでも
コンテンツでも投資でも

求められているものを
メルマガやLINEで提供すればイイ!

まずは情報発信というカタチで
提供をする事で、

FP藤井も進化していった感がある

そんな感じです。

僕自身は対面の活動である
FP相談業務や対面セミナー
の活動もしながら、

インターネットマーケティング(も)
取り入れてオフライン・オンラインの両輪で
この3年間走ってきました。

それが今は完全に功を奏している

そう感じています。

FP活動を通じてインターネットも
使ってマーケット開拓をする

この流れはコロナ渦をキッカケに
より進んでいきますし、
より二極化が進むのも否めないです。

そもそもこの巨大市場を選択しない
理由なんてないはずです。

2020年4月5月のコロナ渦で
多くのFPさんと話をしてきました。

その人なりの

コンプライアンスの問題

で色々動けない理由も
たくさん聞いてきました。

 

意味の理解はできますし、
仕方のない事情もなんとなく察しがつきます。

しかし、僕にとっては

「そんなの知らねえよ!」

になるんです。

世界が一変したコロナ渦の中で
FPビジネスのみならず
対面ビジネスそのものが進化を
迫られている局面であるのも事実です。

・人生の船長は自分自身
・自分のコンプライアンスは自分の倫理観
・未来に対する責任者は自分自身

全てが自分自身の“行動と選択”によって
未来が切り開かれていきます!

 

コイキングがより強いポケモンに
進化したのはピカチュウが流した
10万ボルトという“刺激”です。

それをキッカケに

【鯉が龍に進化し劇的な変化を遂げた】

ワケです。

昨晩映画のそんな描写を見ながら

【刺激と進化】

について考えましたし、
我がFPビジネスの在り方を考えたものでした。

あなたにとっての
「刺激と進化」を求めるのはなんですか?

劇的な変化を求めるなら今しかないです!

もしかしたら
↓コレ↓「刺激と進化」
もたらすキッカケになるかもしれませんよ。

 

【FPビジネスに“刺激”と“進化”をもたらす方法】
https://forms.gle/YMPxXoShm9xgYJLa7

 

 

追伸

 

ポケモンの主人公の名前は・・・

【サトシ】

という少年です!

奇しくも僕と同じ名前で、
智自身が自分の進化を語る事に
なろうとは・・・w