ビットコインの認識について改めようと思った話

FP藤井です。

ここのところの・・・

ビットコインの爆上がり


を見ていて年末には2017年以来を
高値更新するかもしれないと感じています。
(当時は一瞬1BTC=220万円)

有名ファンドの投資対象にも指定されたり、
PayPalが取り扱いを始めたりと
かなり勢いが増していますよね。

先日『金持ち父さん貧乏父さん』
有名なロバートキヨサキ氏がTwitterで
こんな発言をしていたのが話題に上がっていました。

<以下翻訳>
ビットコインのブームは、金や銀の
パフォーマンスを打ち負かしている。
「ビットコインを買えるだけ買ったほうが良い」ということだ。
列車は動いており、すでに米ドルは死にかけている。
ドルが崩壊した時、重要なのはどのくらいの金と銀と
ビットコインを持っているかになるだろう。

 

注目すべきは・・・

米ドルの価値が
相対的に下がっている点

についてです。

僕はアナリストではないので、
相場は正直よく分かりませんが、
コロナの影響もあって各国が
緊急財政出動として、

お金を擦りまくっていたせいもあり、
金余り状態(ドル余り)になったのも
背景にあるかもしれないとのことです。

 

ドルの相対価値が下がっている?

「それどういう事?」

と言われそうですね。

相対価値について
僕がよく喩えて話すのは、
小学生の頃に集めていた

ドラゴンボールカード

の希少価値について喩えさせて下さい。

小学生の頃、僕がハマったのは、
ガチャガチャから強いレアカードを
集めていくアレです!

昔はレアカードは金銀に装飾された
キラキラカードがガチャガチャをすると
数十回に一度出ていました。

スーパーサイヤ人大全盛期の頃

ですから、

キラキラしたスーパーサイヤ人カード

が出たらそのレアさに
飛び上がって喜んでいたモノでした。

その貴重なカードを友達と
見せながら羨ましがられるのが
凄く楽しかった思い出がありますし、

小学生界では希少価値の高さ

を保っていましたし、

悟空が初めて変身した時の
怒り狂うカード持っていました。

この米ドルの金余り現象は、
スーパーサイヤ人のキラキラレアカードが
ガチャガチャから頻繁に出てくるように
なったようなモノです。

頻繁に出てくるからみんな持っている。

 

レアカードの価値が薄まる
=市場での相対的な価値は薄まっている

そんな理屈なワケですね。

 

しかし、ロバートキヨサキは

米ドル崩壊説

まで口に出しているのはちょっと驚きです。

 

国や会社に管理・規制される
資産ではないモノを

ボーダーレス資産
(恥ずかしながら最近知りました)

というそうですが、

昔から世界共通の価値を持つ
金・銀が代表格ですよね。

 

しかし、2020年コロナの
影響も追い風?となり、
ビットコインは完全に

世界的な市民権と価値担保保有

の点を考えると・・・

『米ドル崩壊説』そんな都市伝説みたいな話
はどうなるか誰にも分かりませんが、
ビットコインに対しての認識については

値動きが激しくリスクの高い資産

みたいな定説ついての考え方を
FPとしても改める必要が
あるのかもしれないですね。

リスク高めの資産であるに
越したことはないけど、
この市民権の獲得の仕方などを
考えていくと・・・

お客様へのポートフォリオ提案

 

に関してもちょっと今までの認識を
僕は変えていこうと思います。

もちろんお客様の
リスク許容度も見ながらですね。

 

しかし、確実に言えるのは、

僕自身の資産ポートフォリオの考え方

 

ココは大幅に改めようと思いました。

『もっとビットコイン保有を多くしておこうっと!』

あなたは今日のお話についてどう思いますか?
本日の感想も待っています。

 

 

追伸

 

今週のPodcast140話では

【鬼滅とビットコインが凄い】

というテーマで話しています。
https://cutt.ly/gg9HHQj

今週から通常配信に戻っているので、
前半はナビゲーターの椎木さんと
かなりふざけているのでお許し下さいね。

概要はこんな感じです!

・なかなかBTCの話題に触れない
・鬼滅の刃のくだらない話
・なんでも呼吸ブーム
・鬼滅の刃の下ネタ
・BTCと大統領選

日曜日のひとときに
“ながら聞き”でどうぞ!

 

 

 

 

 

なぜ“40代以上の独身女性”に紹介依頼するのか?

FP藤井です。

先日より、

【I LOVE キャッシュフロー表】

というテーマで、

ライフプランニングを行う上で、
大事な3つの点についてお伝えしています。

本日はフォーカス3です。 続きを読む なぜ“40代以上の独身女性”に紹介依頼するのか?

うまくいくキャッシュフロー表提案

FP藤井です。

ライフプランニングを実践し
キャッシュフロー表を作成する
プロセスにおいて、

藤井自身が高く意識を持っている
3つの点についてシリーズで
お伝えしています。

 

前回のフォーカス1はコチラ

ライフプランニングで大事にしている3つのこと

 

今日はフォーカス2からお届けします!

=================
<フォーカス2>
現実とのギャップをミエル化

将来に対する不安や問題意識の共有
ベネフィットの提示
=================

結論から言うと、

 

ベネフィット提示で
受入態勢を整えて頂く

コレですよね。

 

コレだけだと意味わかんねー!
なので丁寧に説明していきます。

 

ベネフィットが分からない人も
いると思うのでダイエットで
例えてみると・・・

 

現状:デブ
未来:ダイエットを頑張って痩せた事←メリット
未来の結果:彼氏が出来た!←ベネフィット

 

この行動を起こす事で得られる未来の事

ベネフィット

ちなみに・・・

ダイエットでベネフィットを例える

 

と他にもいっぱいあって

 

【痩せた結果】

・自分に自信が持てるようになった
・結婚できる気がしてきた
・日本のビーチでも堂々と水着でインスタ出来る
・健康になったし、自分自身を大事にするようになった
・同僚や仲間から綺麗になったね!って言われるようになった

そんな感じで考えれば
ほぼ無限にベネフィットがあります。

ライフプランも一緒で、
ライフプランをして何か行動をした結果、
こんな未来が待ってる!(かもよ・・・)

 

と具体的にベネフィット提示していく事で
お客様の感情とやる気は動いていきます。

 

さてさて、
ライフプランの話に戻すと・・・

僕のマネーセミナーの終盤でも
よく言うのですが、

==============
ライフプランを建てた所で
キャッシュフロー表通りに
なるワケないし、
表そのものに意味はない!
大事なのは『今』です。
===============

Business Leadership

時代の移り変わりも死ぬほど早いし、
未来の事なんて分かるワケない。
お金の計画が誰でもプラン通りに進むなら
日本人はもっとリッチ国民になってます。

ココに異論を唱える人は
まずいないと思う。

 

大事なのはフォーカス1で出てきた

“夢を語らうライフプラン”

 

で出来上がった
キャッシュフロー表をみながら、

『叶えるためのプラン』

を提示して将来の可能性を
示唆してあげる事

 

にあるんだと思う。

 

数字でミエル化された
キャッシュフロー表から、
(この段階では赤字でも全然良い)

 

“今”何をすべきか?
“今”何をしないべきか?
“今とるべき具体的行動”

 

を明確にして問題提起していくと、
お客様の中でその提案に対して

『そのココロは何?』
『なぜ私にはその提案?』
『それをしたら私はどうなる?』

って感情になるはずです。

例えば・・・

“今”何をすべきか?
“今”何をやめるべきか?

ちょっと具体例でみていきましょう。

======================
『積立投資をやった方がいいかもしれません』

<理由>
→時間が最大の味方。

定年までに20年以上あるので
コツコツと積立をする事で負けづらく
積み立てたお金が殖やすいからです。

もしもの時は学費としても使えるし
自分年金作りにも有効とされています。

<ベネフィット>
お金をコツコツ殖やしておくと
預金と比べて“いざという時”の
経済的な選択肢が増えますよ!

<どうやって?>
→実は変額保険ってのがありまして・・・
→ご存知のように積立NISAってのがありまして・・・
======================

======================
『今は繰上げ返済はしない方がいいかもしれません』

<理由>
→まだ住宅ローン減税の期間中ですし、
市場金利も1%台で大きな負担になる
利息でもないし、控除期間が
終わってから考えても遅くないです。

住宅ローンには保険もついているので
頑張って一部返済した翌年に
万が一ご主人が死亡(もしくはガン)
されても、

銀行は前年繰上げしたお金を
奥様に返してくれると思いますか?

もちろん返してくれません。

<ベネフィット>
そもそもコロナの不安定な時代に
手元資金が減るコト事態が
リスクかもしれませんよ。
======================

======================
「AとBは残してCの保険は
辞めた方がいいかもしれません」

<理由>
年間12万円のご負担のあるC保険の
代替え案は【財形貯蓄スタート】です。

10年先の中長期を心配をする余り
目先の収支が悪化していく原因になります。
それよりも今は手元資金を強くする時期です。

会社の給与天引きで『強制貯蓄』が
出来るのでオススメですよ!

<ベネフィット>
毎月の収支を圧迫するCをなくすコトで
経済的にも精神的にも余裕が生まれます。

預金のゆとりが出来ると不思議と
“ココロにもゆとり”が持てるものです。
人生大らかに生きるのも大事ですから!
======================

こんな感じでキャッシュフロー表を
見ながら気づいたコトに対して

・問題提起
・解決策の提示
・具体的行動の促し
・具体的行動の結果、その先にあるもの
(ベネフィット)

この流れを強く意識しています。

特に最後の

『ベネフィットトーク』

が出来るとお客様の感情は
動きやすいですし、

提案の受け入れもスムーズに
なると思います。

=================
<フォーカス2>
現実とのギャップをミエル化
将来に対する不安や問題意識の共有
ベネフィットの提示
=================

今日の内容はいかがでしたか?

ライフプランとキャッシュフロー表作り
を13年間やってきた持論でした。

持論というよりは、
かなり王道的な内容だったかな?

良かったら今日もあなたなりの感想
をもらえると嬉しいです。

藤井が100%返信します。
http://line.me/ti/p/%40neofpfujii

 

次回は最後のフォーカス3は、

“紹介”

 

 

を意識した内容になります。

 

【紹介営業が基本中の基本】

 

どんな営業さんも言われます。

コレは本当に僕なりの持論というか
お客様との相性の相関関係にも
寄る内容にもなっちゃうけど、

=================
<フォーカス3>
同居していない家族・兄妹の把握
(特に40代以上の独身女性はいないか?)
=================

についても語っていきたいと思います。

独身マーケットが長かった
僕ならではのお話かも。

次回は少し藤井の独特ネタで
お会いしましょう!

ライフプランニングで大事にしている3つのこと

FP藤井です。

【I LOVE キャッシュフロー表】

というテーマで
3枚に下ろしています。

ライフプランニングを行い
お客様とコミュニケーションを
取る上で、

藤井がキャッシュフロー表作成までに
意識している3点について
お伝えしているシリーズです。 続きを読む ライフプランニングで大事にしている3つのこと

現状維持は退化と一緒

FP藤井です。

僕のキャッチコピーでもある

===================
1万円のコストカットより
1万円の収入アップ・売上アップ
を提案するファイナンシャルプランナー
===================


振り返ると情報発信を始めた
2016年に師匠である
速稼塾の久保さんに決めて頂きました。

このポジショニングが決まってから
自分の中でもスッと軸が
出来たような気がして、

全ての発信の行動指針において
コンセプトの土台となりました。

あれから4年。 続きを読む 現状維持は退化と一緒