2020年藤井の純粋な不労所得額


FP藤井です。

4月からスタートした・・・

【藤井のオンラインサロンFBC2021】

一般募集終了まであと3時間となりました。

===================
自分で稼ぐチカラをつける
&資産設計で不労所得を作る
藤井ビジネス&インベストメントクラブ2021
https://peraichi.com/landing_pages/view/o8en0
===================

・働き方のオンライン化で自分のチカラで稼ぐ
・資産設計を通じて不労所得を得る

この2大テーマを両輪で回す事
人生が加速していく

藤井のオンラインコミュニティです。

一般募集は約3ヶ月ぶりでしたが、
今回も新たなメンバーが入ってきて
このオンラインコミュニティが
総勢60名近くになりました。

 

FBCの始まった4年前。

7名で始まったあの頃を考えると、
北は北海道〜南は沖縄まで
全国の同志と呼べる人も増えて
なんだか感慨深くて非常に嬉しく思います。

元々は『不労所得分散投資クラブ』
という名前でスタートしていて
その頭文字を取ってFBCとしていました。

前段階はその『不労所得をテーマ』
したコミュニティでしたので、
セミナーでは伝えていましたが、
メルマガやLINE等では
伝えていませんでしたので
改めてお知らせしますね!

【2020年藤井の純粋な不労所得額】

 

をご紹介しますね。

ズバリ・・・

利益 約320万円
年率 35.55%

でした!!!

↓こちらが確定申告です↓

ちなみ紹介手数料とかは一切含みませんので、
純粋な個人の運用益(不労所得)として
確定申告しました。

(バッチリ配当控除も使いました)

手数料とか入れると1000万円以上ありますが
そっちは『営業等』で申告しています。

正直、この世界のキモは・・・

お金に働いてもらう
原資が多いか?少ないか?

有益な投資先情報を
知っているか?知らないか?

シンプルに、
ただただ、それだけです!!!

 

その名でも藤井が考える、

不労所得作りにおいて大切なはじめの一歩とは・・・

・余剰金を使って勇気を持って一歩を踏み出すコト
・最小ロットでスタートして毎月の金利感覚に慣れるコト
・いつ出金するか明確に決めておくコト

この3つかな?って思います。

投資先の見極めも
もちろん最優先重要事項ですが、

コレなら120%大丈夫!!!

 

に拘りすぎると、
全く動けなくなります。

だからある程度、
自分の中でGOサインが出れば

最小ロットからまずスタートしてみる

というのも大事だと思うので入れています。
(ココは正直、性格もあると思います)

僕自身は、
『自分の不労所得』を作る事自体が
ある意味、趣味化しているところもあるので、

FBC2021のサロンメンバーには
紹介していないけど、
現在検証中の物も多いですし、
ぶっちゃけ、コレまで成功よりも
失敗の方が多いんですよ。

誇れた事ではないですが、
コレまで500万円は優に溶かして
きた負の実績があり、

本当に多くを学びました。
(高い勉強代でしたが・・・)

逆を言うと・・・

僕自身が一定期間やってみて
うまくいった実績あるものしか、
FBCには紹介しないのが
現在の僕の拘りです。

サロンメンバーさんからすると
手前味噌ですが安心ポイントに
なると考えてます。

そういう意味では、

ビジネスも不労所得も
早く判断してはじめた人が有利

時間の経過とともに積み上がっていくのが、
『資産』か『スキル』かの違いであり
どちらも“複利効果は絶大”です。

ちなみに不労所得のある生活に
慣れると不思議なもので
お金を運用させなかった事による、

【機会損失をより強く感じる事になります】

「TIME IS MONEY」

この言葉の真の意味が、
自分の人生の中で染み渡り
実感していく感覚です。

しかし、機会損失を感じすぎると
『欲との戦いに破れて』ギャンブルの
ような投資マインドに陥ります。

この辺のバランス感覚を鍛えるのも
難しい所ですが、俯瞰してみた時に、

局所的には負けてても
全体で大負けないような
準備と戦略が必要です。

時には欲に流されそうになり、
投資マインドに陰りが見えたら・・・

ブレーキを掛けてあげるのも
FPとしての藤井の役目かな?
って思います。

さてさて・・・

最後になりますが、
約3ヶ月ぶりの一般募集では
ありましたが、

次の募集の予定はありません。

既存の方へのサポートも
それなりに大変なので今年は
もうオファーしないかもしれません。

あと3時間。

もし、悩む方がいたらとりあえず
LINEでもなんでもいいので
とりあえず藤井までご相談の
お知らせ下さいね!

そして、
今回の新たに加わったメンバーさんへ

今回は4月という新年度もあって
ビジネス意欲が強い方が多くその全員が、

4月から開講する
メルマガ・LINEを軸にした
情報発信者のためのFBC講座

ご希望頂きました。

特に僕と同じFPさんも多いので
非常に6ヶ月が楽しみです!

4月の中旬からしっかりと
オンライン活動を頑張って
いきましょうね!

・自分らしく稼ぐコト
・不労所得で稼ぐコト

この両輪を回して、
素敵な未来にすべく経済的な選択肢を
増やして参りましょう。

【未来の選択肢を増やす】
https://peraichi.com/landing_pages/view/o8en0

 

(広島市西区、自宅書斎にて)

女性の離婚原因ランキングトップ10を見て思うこと

FP藤井です。

今日は『夫婦関係と離婚』について
FPとして思っている事を書こうと思います。

2020年司法統計から見る
女性の離婚原因
ランキングトップ10をみると・・・

1位:性格が合わない
2位:生活費を渡さない
3位:精神的に虐待する
4位:暴力を振るう
5位:異性関係
6位:浪費する
7位:家庭を捨てて省みない
8位:性的不調和
9位:家族親族と折り合いが悪い
10位:酒を飲み過ぎる

この統計に出ているのはあくまで、
離婚調停などの申立てを家庭裁判所に
したケースのみが対象となっているようで
協議離婚は反映されていません。

【第1位:性格が合わない】

というのがトップに来ているようです。

結婚生活では、
生まれも育ちも違う2人が、
協力しあって問題解決に取り組み、
コミュニケーションをとりながら
関係を守っていく営みです。

こう書いてみると
サラッとしていますが、

時には、

「バカやろーこのヤロー!」
「なんでこんなオトコ(オンナ)と結婚したんだ!」
「来世では絶対に見つけないし見つからない。」
「家族じゃなかったら速攻LINEブロックなのに」

夫婦関係があればそんな風に
思うことも少なくないです。

正直、今のご時世的にも
結婚が全てではないかな?
実際世の中的にもその風潮が強いし。

そもそも夫婦は元々が他人なので
どこのご家庭でも大なり小なり
夫婦間戦争は勃発はするのだと思います。

だからこそ、

世界平和とは・・・

==============
コミュニティ最小単位である
家庭平和・家庭調和の中にある
==============

と思うことがあります。

「俺の世界平和は家庭平和だ〜!」

また、世の中には
家族との折り合いが合わず
プライベートに不調を来たすと、

・仕事の調子が全然出ない!
・何をやってもうまく行かない!
・性格も顔つきも変わりまとう空気が淀む。。。

なんて話もよく聞きます。

もちろん、『離婚』という
結論に到るまで、

双方ともたいへんな
努力をしているのだと思います。

その上で尚、

「性格が合わない」

という理由であれば、
仕方ないのかな?と思います。

しかし、
FPとして気になるのは第2位以下・・・

2位:生活費を渡さない
3位:精神的に虐待する
4位:暴力を振るう
5位:異性関係
6位:浪費する
7位:家庭を捨てて省みない

この順位を見ながら
ハッとしたことがあります。

理由の冒頭に
『なぜ?』をつけてみて下さい。

・なぜ?生活費を渡さないのか?
・なぜ?精神的に虐待するのか?
・なぜ?暴力を奮うのか?
・なぜ?異性関係に走るのか?
・なぜ?浪費をしてしまうのか?
・なぜ?家庭を捨てて省みないのか?

根本理由は色々あると思いますよ。

『愛情』と『思いやり』
が不足している問題もあるでしょう。

『個人の性格や気質』
も関係すると思うし、

最近では実は
『パートナーが先天的な発達障害だった』
というのも考えられます。

様々な理由が考えられますが、
僕個人的に思うのは、

【根っこには“お金の問題”が複雑に絡んでいる】

のでは?と思うことも多いです。

女性のためのマネーセミナー
を長くしていると、

そう言った話題に
触れる事も少なくありません。

セミナー後の個別相談になると・・・

【計画離婚前提でのライフプラン相談】

そんな相談を真面目に
依頼されることがあります。

(ぶっちゃけ1開催あたり10組あたり
1〜2組の割合で潜在ニーズがある気がします)

「●年後子どもが大きくなったら、
自分の収入だけでいけますか?」

「仮に離婚をしても経済的に
老後までやっていけますか?」

そんなお話も実際問題にあるんですよー

少し本題から話がそれましたが、
僕個人的にコレ系の問題で思うのが、

夫婦関係が常にキラキラ・ラブラブ
しているとかはマジで気持ち悪いし、

(そんな人って本当に存在するの?)
(素敵な事ではありますが統計的に希少種)

愛だ!思いやりだ!
なんて綺麗事だけじゃない事も事実多い。

その中でも実は

これが1番大事なのでは!?

と思っている事があります。

【夫婦間で人生利害が一致しているコト】

所詮は元々他人です。

 

これって完全に持論ですが、
お互いの利害ってすごく大事な
要素だと思うんですよ!

幕末の歴史で喩えていうなら・・・

【夫婦間での薩長同盟】

を結んでおくコトです。

僕自身の両親を見ててもそうですし、
自分自身での体験談でもありますが、

・夫婦間でのお金に対する方向性がズレる時

・浪費・消費・投資に対する価値観がぶつかる時

夫婦戦争が起こりやすくなる気がします。

互いに理解してくれない
と何度も思うようになると
冷戦が起こり、会話がなくなり
離婚につながるのかな?って。

そもそも夫婦戦争が起こるキッカケも

【忘れちゃうぐらいくだらない些細なコト】

だったりしてるんだけど、

どうしても感情が先走ってぶつかっちゃう!

なんて事も多いですよね?
特に夫婦関係は。。。

(我が家でも、あなたの言う事が
正しいのかもしれないけど、
その言い方がなんか嫌っ!って言われます)

 

そういう意味でも
FPとしてはライフプランをする時って、

お金の話をしているようで、

【将来に対する夫婦の価値観の擦り合わせ】

をしていると言ってもいいと思います。

普段、夫婦当事者同士では、
お金の話って真面目にしないし、

・お金の事は嫁に任せています!
・お金は旦那の稼ぎ次第です。

ココに象徴されるように
日本人特有のデリケートな
トピックでもあります。

それ故、ギスギス系の喧嘩に
なりやすい所があります。

そんな“お金”の話題でも
第三者のFPがいる事で・・・

互いの人生観を第三者を通じて
知れることも多いので、

「アンタ子どもに対して、そんな事思ってたの!?」
「我が家ってそんなに貯金あったの?」
「老後についてそんな事思ってたの!?」

3者間でそんな会話が起こる
なんて割と日常茶飯事です。

結局、今日は何が言いたいのか?

というと、

=============
FPの役割とは
夫婦間では感情的になって
しまいがちな
お金の話題について、

<お金の価値観=未来の価値観>

を冷静擦り合わせられるような
“行事役”になる事
==============

なんだと思います。

だからこそ・・・

【夫婦間で人生利害を一致させておくコト】

このマインドセットなんだと
藤井は考えております。

そこさえ出来れば
プランニング目的はハッキリするし、

【いつまでにどのくらい?】

というような経済的数字目標は
割と立てやすくなります。

【夫婦間の人生利害を一致させる】

良かったら参考にしてみて下さい。

 

またFPさんの仕事とは・・・

薩長同盟の立役者となった
『坂本龍馬』みたいな役割ですな。

さー今日のお話、
あなたはどう思いましたか?

良かったらコチラまで感想下さい。
https://lin.ee/7FLOCn4

 

 

追伸

僕の経験上、

【夫婦でお金の勉強をしている人たち】

すごく幸せそうな人が多いと思います。
(もちろん小規模戦争は起きていると思いますが)

前述から考えると利害も一致しているし、
夫婦共通の目標があるので、
仲良くもなりやすいですよね。

僕自身もそういう環境を作るために
コチラを4/4(日)まで用意しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/o8en0

【お一人分の料金でもうお一人様ご招待】

 

パートナーや配偶者様ないしは、
大切ご家族1名を招待という
“ご家族招待制度”を取っています。

労働収入があるから、
資産収入が作れるワケで、

資産収入があるからこそ、
労働収入に対する余裕意識が持てる。

そんなグッドスパイラルを
夫婦関係を育むことが出来れば
それほどの素敵なことはないですよ!

事実、藤井の実績として、
4年もやっているので、
ココでは夫婦一緒に関わって、

お金の勉強をしている
夫婦が何組もいます。

ポートフォリオを組んで
『投資実践』もするから
当然といえば当然ですが。

ちょっと手前味噌ですが、

「藤井さんのお陰でちょっとづつですが、
主人のお金に関する価値観を変わってきた!」

なんてお声を頂く事も増えてきました。
(まさにFP冥利に尽きますね)

毎月オンライン勉強会もしていますし、

【資産収入×労働収入の本質】

ここが僕自身の人生研究テーマですし、
実践的に学ぶ機会も多いコミュニティですよ。

もし気になれば、
ぜひ、夫婦揃ってどうぞ!
https://cutt.ly/Icf59m4

「今ならお一人様分の料金で
もう一人招待できますよ!」

(欧米のCMか!!!)

本日はココまで〜